プログレなのか?プログレッシブロックなのか?

投稿者: | 2021年2月27日

こんにちはyanです。
今回はプログレよもやま話として、
プログレなのか?プログレッシブロックなのか?
を語りたいと思います・・・。

よく「プログレッシブロック」の名称を
略して「プログレ」と言ってますが、
これって呼び名としてどっちは正しいと思いますか?
私自身は「プログレ」と呼んでて、
それでプログレってジャンルのロックがある、って知ってる人には伝わるし、
わかる人にはわかるから良いと思ってたのですが、
大学時代に、
「プログレって言っちゃダメだって!
ちゃんとプログレッシブロックって言わないと!」
なんて、プログレ仲間と酒飲んでプログレについて語り合ってる時に、
そう言われました。
「プログレだとなんかバカにされてる感じしない?ヘビメタとヘビーメタルだと、
どっちがカッコいいって思う?」
なるほどね。とは思いましたが、
まぁどっちでもいいよな、とも思いました。

さて今回は、
いかにもプログレッシブロックっていう感じのバンド
を紹介します。ソフトマシーンです。
そのソフトマシーンのアルバムの中で、
私が30年以上聴き続けている名盤を紹介します。
Soft Machine – Bundles (1975) です。

このアルバムには、
UKやブラッフォードに参加した超テクニシャンギターリスト、
アラン・フォールズワースが参加していて、
1曲目の「ハザードプロフィール」で、
超絶なギターを弾きまっくてます。
何もそんなに弾かなくても・・。
と思えるくらいのアランのベストプレイです。

Roy Babbington – bass guitar
Allan Holdsworth – electric, acoustic, and 12-string guitars
Karl Jenkins – oboe, piano, electric piano, soprano saxophone
John Marshall – drums, percussion
Mike Ratledge – (Lowrey Holiday Deluxe) organ, (Fender Rhodes) electric piano, (AKS) synthesizer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)