初めまして。

投稿者: | 2021年2月3日

初めまして。yanと申します。
ロックバンド「ジェネシス」を愛して早38年になります。
このブログでは、ジェネシスの全オリジナルアルバム紹介やライブ動画、
それに派生するミュージシャンなどを紹介していきます。

今回はジェネシスが五人編成だった1973年の最高傑作ライブ
「ジェネシスインコンサート」を紹介します。

オープニング1曲目が「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」
2曲目が「月影の騎士」(当時の邦題です。素晴らしいタイトル)、
3曲目が「アイ・ノウ・ファット・アイ・ライク」、
4曲目が「ミュージカル・ボックス」
(昔の邦題は「恐怖のオルゴール」ってタイトルでした笑。)
最後の5曲目が大作「サパーズ・レディ」という構成です。
およそ30年前、
ピーター・ガブリエル在籍時のジェネシスのライブが、
どうしても見てみたくて、
大学の帰り道、新宿の海賊版レコード店、
海賊版ライブビデオ店を毎週、漁りに行ったものです。

そこでこのライブ映像を初めて入手しました。
当時はビデオでダビングのダビングのダビング・・・
って感じで、決して良い映像ではありませんでした。

しかも、オープニングの「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」
からでは無く、2曲目の「月影の騎士」からの映像でスタート。
でも、歌ってるピーターの映像が見られるだけで、
食い入るように、何回も見てました。

甘くハスキーでゾ~っとするようなピーターのボーカルと、
奇妙でコミカルな動きながらも美しいライブパフォーマンス。
この当時のジェネシスは、ピーターの存在感が際立ってましたね。

「サパーズ・レディ」の刻々と変わる曲調と、
それに合わせてマスクや雰囲気も変わっていく、
ピーターのライブパフォーマンス。
ピーターに必死に付いていく四人の演奏も素晴らしいです。
曲のエンディングもライブとしては最高の出来栄えです。

また、ライブ映像の製作者もニクイ感じに、
ワンシーンだけスローモーションにしてくれちゃって・・笑。
オープニングの「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」
から見られるようになったのは、
2~3年後に完全版の海賊ビデオが発売されたからですかね。
(完全版の海賊ビデオというのも変な感じですが笑。)
しかし、こんな伝説的なライブがすぐに、手軽に見れるようになるなんて、
本当にいい時代になったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)